2017-2022 (C)インテリアとしてののれん

布製作

家紋の意味や種類について

家紋は祖先と家に伝わる紋章になり日本古来から現代にいたるまで
継承され続けている特別なものになります。種類はさまざまあり、
植物紋や動物紋・天然紋・調度紋、文様紋などいろいろなものをモチーフにして
わかりやすくロゴにしています。

家紋をのれんにデザインする

発祥は平安時代とも言われていて、実際に暖簾に家紋を入れるようになったのは
室町時代からだと言われていて、非常に歴史が深いです。
絵柄にはさまざまな願いが込められていて、日本独自の絵柄といった特徴があります。

家紋の意味は五穀豊穣や武勇・縁起などになります。楽屋暖簾を作成して
応援している芸能人にプレゼントする場合には、芸能人が用いている家紋を知っておく必要があります。

楽屋暖簾をオーダーメイドで作る際には贈る芸能人の名前や贈る側の名前を印刷することができます。
家紋を入れることで、特別感が出るようになるので人気があります。

楽屋暖簾はオーダーメイドで作成することができます。
オーダーメイドでは、さまざまな家紋に対応することができるようになっています。
大きさや形など自由にオーダーすることができるので、世界でたった一つのものを
芸能人にプレゼントすることができます。

おすすめのデザインについて

楽屋暖簾をオーダーメイドで作成する場合には、自由にデザインを指定することができます。
芸能人の所縁がある家紋を入れる際には、生地の中央部分に家紋を大きく入れることが多いです。

オーダーメイドでは、生地やカラー・染め方など選ぶことができるので
自由度が非常に高い面が最大のメリットになります。

オーダー制作したいのれん

楽屋に飾られるので、あまり派手な柄ではなく、落ち着けるような仕様にすると喜ばれます。
楽屋は芸能人がリラックスしたりする場所になるので、色選びなど慎重におこなう必要があります。

家紋をいれる楽屋暖簾の場合には、染め方にもこだわった方が良いです。
インクジェットでの印刷方法や本染めの方法があります。

応援している芸能人に贈る場合には、高級感がある本染めにすると質の良いものに仕上げることができます。
本染めは職人が染めるので、インクジェット印刷では出すことができない風合いを出すことができます。

家紋をメインにしたシンプルな仕様のもので、落ち着きがあるカラーをチョイスすると、
飽きずに長年愛用することができるのでおすすめになります。

オーダーメイドで作成する場合には、指定した場所まで届けてくれたりするので利用しやすいです。