2017-2020 (C)インテリアとしてののれん

布製作

和の雰囲気で心まで癒されよう

温泉旅館を利用する方はホッとする空間や
地のものを使った食事、さらに温泉での
癒しを求めていることが多いです。

そのため、それを雰囲気からも和ませるような工夫も必要です。

入り口から和風情緒一杯であれば、到着の瞬間から
疲れが癒されて、非日常体験が始まります。

その演出に欠かせないのがのれんで、
のれんがあることで和風で雰囲気がなごみます。

また、のれんによっては質が高いイメージを
与えることもできるので、期待感を持たせる
ワクワク感を高める効果もあります。

第一印象が大事ですから、そこでのれんを活用して
温かい、和風の情緒でおもてなしの心を伝えることができます。

もちろん、入り口だけではなく内部でも使えば
目印の役割りにもなりますし、至るとこで
和の雰囲気を醸し出すことができます。

高級感の演出

どこに行っても格式のある和の風情を楽しめる心配りになります。

暖簾一つで温泉気分も盛り上がりますので、
色や生地の質なども併せて工夫すると、
印象に大きくプラスになりますのでメリットが大きいです。

管理や保管も簡単で負担がないので、旅館側としても
扱いやすいのもメリットの1つです。

うまく活用すれば、癒しの効果をアップさせることができます。

 

和のテイストで記憶に残る温泉に

リピート客を得るには嬉しい体験や楽しかった経験、
さらに象徴的な光景が大きく影響します。

そのためには丁寧で親切な接客は基本として重要です。

そのほかに全体的に風情があったとか、モダンな和で会ったなどの
非日常的かつ、懐かしい雰囲気は欠かせません。

それを演出するアイテムは多くありますので、
組み合わせて使うのがおすすめです。

その1つとして効果的に働くのが暖簾です。

例えば綿や麻の生地であれば、自然と落ち着いた質の高い印象になります。
それをくぐって食事処に入ったり、風呂に入ったりすれば
気持ちもワンランク上になった気がします。

いつもとは違う、大人の場所といった雰囲気になりますので
安心感と贅沢な気分になります。

それが満足感に繋がり、記憶に残ってリピート客になる可能性もアップします。

想い出の一部

他にもその体験をひとに話すことで、口コミにもなります。
暖簾1つで雰囲気が大きく変わりますので、使う場所や目的によって
制作すれば、まさに雰囲気作りにはぴったりです。

温泉だけではなく、トータルで記憶に残るために
大きな役割を果してくれるのがのれんです。

今はいろいろな生地や文字体、カラーなど組み合わせ出来ますので、
自分達にぴったりの仕上がりになります。